公益財団法人 群馬県教育文化事業団 (→事業団トップページへ)
 高等学校等奨学金貸与事業
学習意欲がありながら経済的理由により修学が困難な高校生に、奨学金を無利子で貸与しています。
希望する方へ 貸与中の方へ 返還中の方へ
【奨学金を返還している方のためのページです。】 (リンク)→ 返還のてびき  様式集
1 返還にあたって
  返還中の方は、「返還のてびき」をご覧ください。
  本人及び連帯保証人(親権者・別生計)の氏名・住所・勤務先・電話番号に変更があったときには必ず届出をしてください。
  あなたの返還金が、後輩の奨学金になります。奨学金は、必ず返還しましょう。
2 返還方法
  返還方法には、年賦(年払い)、半年賦(半年払い)及び一括返還があります。
   年賦、半年賦の場合には、貸与金額に応じて返還年数が決まり、均等割りされた金額が指定口座から自動引落しされます。なお、引落しは、返還月(年賦の場合は1月、半年賦の場合は1月と7月)の12日です。
   一括返還の場合は、貸与終了の翌月末までに、事業団の口座へ振り込んでください。
3 自動引落しされなかった場合
  指定口座が残高不足の場合には引落しができません。
  自動引落しされなかった場合には、事業団の口座へ振り込んでください。
  なお、返還されない場合には本人と親権者連帯保証人に督促し、それでも返還されない場合には別生計連帯保証人にも督促します。
  また、延滞期間が6ヶ月を超えた場合には、6ヶ月につき2.5%の延滞金が課せられます。
4 返還猶予
  「返還猶予願」を提出することで、返還が猶予(延期)される場合があります。
  返還猶予が認められるのは、在学猶予(高校在学中や大学等へ進学したとき)と、一般猶予(病気等で就労が困難、災害、生活保護受給中、外国留学(研究)など)があります。
5 繰上返還
  いつでも繰上返還は可能です。希望される場合には、事業団へご連絡ください。
6 返還免除
  本人が死亡(又は重度の障害により労働能力を喪失)し、連帯保証人も返還できない場合には、返還免除(全部又は一部)できる場合があります。事業団へご連絡ください。  
  事業団トップページ   奨学金の概要  奨学金Q&A  奨学金貸与規則   様式集
 公益財団法人 群馬県教育文化事業団 奨学金課

所在地:〒371-0801 群馬県前橋市文京町2-20-22(県生涯学習センター内)
電話番号:027-243-0411(奨学金課直通)   FAX番号:027-221-4082
Eメール:syougaku@gunmabunkazigyodan.or.jp